商品

「いっしょうが」は、昔ながらの粉末飲料ですが、
甘さの中にも生姜の風味を表現、
原料にもこだわり北海道産てんさい糖を使用、
飲み飽きないテーストになっています。
また、手軽にお飲み頂けるよう、一杯ずつ小袋に入っています。
お湯に溶かしてお飲みください。
夏場などは、冷やしてもおいしくいただけます。

生姜配合

ストック場所は、ダイニングからリビングへ!まるで本を集めるように「いっしょうが」シリーズをコンプリート。「いっしょうが」の在庫場所は、リビングなどの本棚です。縦置きができるブック型のパッケージは、いつも身近に置いておけます。

ブック型

「いっしょうが」シリーズは全て、高知産生姜を配合しています。それは昔から生姜は、「万病に効く」と言われており常に摂取いただきたいという思いからです。「いっしょうが」命名の根拠になっています。

原料への
こだわり

沖縄

沖縄産の本和香(ほんわか)糖は北海道産の甜菜(てんさい)糖と非常に相性がいいのです。我が国屈指のさとうきび産地である沖縄の原料糖のみで作られた砂糖が「本和香糖」です。豊富な雨量と亜熱帯の自然。そして太陽の恵みで育った大地で良質なさとうきびが栽培されています。
「本和香糖」は、これらの恵まれた環境下で作られる原料糖のみを使用することで、珊瑚の白浜を思わせる美しい乳白色の結晶を持ち、風土がもたらす柔らかな香りを携えています。

北海道

砂糖の原料は、沖縄や鹿児島などのサトウキビが知られていますが、てんさい糖の原料は北海道でつくられる甜菜(てんさい)です。てん菜の見た目は大根の様ですが、ほうれん草と同じヒユ科(旧アカザ科)の植物でまろやかな甘味やコクがあります。また、てんさい糖には腸内のビフィズス菌の栄養源になるオリゴ糖が含まれており、ビフィズス菌の活性化を手助けしてくれます。「いっしょうが」に使われるてんさい糖には、オリゴ糖(ラフィノース ケストース)が、5g/100gあたり含まれています。

高知

「いっしょうが」の生姜の産地は、国内の高知県で、栽培・生産から一貫体制の工場で粉末化されています。生姜はもともとインド原産の物です。薬として世界に広まりました。生姜成分のジンゲロン・ジンゲロール・ショウガオール等が体を温め、またその活発化して、気力、体力を高めると言われています。
多くの効果が報告されていますが、ポイントは体温を上げるという事ではないでしょうか。

高知

奈良時代の文献に登場するほど(新日本紀と言われています)、身近な食べ物として親しまれてきた「ゆず」。もともとの原産地は中国の揚子江上流と言われていますが、「いっしょうが」は、高知産を使っています。柚子の力強い香りを届けするには国産が欠かせません。

新しい商流を作る
こんなところに
「いっしょうが」

ストック場所をリビングや書斎の本棚としている「いっしょうが」は、新刊を発刊するように続々と新商品展開してきます。リビングや書斎の一部を「いっしょうが」で固定していただける様心がけています。

私たちの考え
安さを売りにするスーパーマーケットやドラッグストアー等の既存のマーケットではなく新たな商流を創造していきます。 「いっしょうが」がある場所は必要な場所であり求められている場所と考えています。常に新しい商流を開拓していきます。